はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

だいくしーのスクラム Bar #1 に参加した

だいくしーのスクラム Bar #1 に参加しました。

chatwork.connpass.com

スクラムマスターことはじめ』と『お悩み相談』の2本立てでした。前回もですがあたたかい雰囲気のイベントで良いです。

スクラムマスターことはじめ

話された内容はだいくしーさんがブログで事前に公開されているので、私がまとめるよりもそちらを見ていただいた方が良いです。
daiksy.hatenablog.jp

スクラムマスターはチームが成果を出すために最大限の支援をします。具体的な行動はスクラムマスターやチームによって異なると思いますが、共通して大事なことはチームを『観察』することだと感じました。最近、コーチングに関する本を読み、『観察』の難しさを実感しております。3分間コーチでは、メンバーのデータベースを作りましょうと提案しています。メンバーの普段の業務を観察して、適切なタイミングでコーチしましょうと提案しています。だいくしーさんは「過去、未来」「ネガティブ、ポジティブ」の四象限を紹介してました。このフレームワークも良かったです。『観察』に関するフレームワークを持ち、使いこなせるとスクラムマスターとして成長出来そうですね。

お悩み相談

話されたトピックは以下でした。「スクラムマスターとは?」から話が広がっていきました。

個人的には"観察"の重要性を改めて認識した会です。スクラムマスターとアジャイルコーチの違いはチームとの関わり方が違うというお話がありました。スクラムマスターの方がよりチームに近い立場で支援します。今、チームにとって必要な支援をするにはチームを知らないとできないし、そのためにも観察が大切です。"チームを観察する"とは具体的に何をするのかを深掘っていきたいと思いました。

まとめ

  • スクラムマスターは観察が大切
  • 次は観察について考えてみる


運営の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!