はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

git switch でブランチの切り替え

git でブランチを切り替えるには "git checkout"を使っていましたが、 Version 2.23.0 から"git switch"が追加されました。
git checkoutはブランチの切り替えと、変更の取り消しの二つの機能として使えるコマンドでした。それゆえ、少し違和感のあるコマンドでした。

※同じ2.23.0で追加されたrestoreはこちらで書いています。
git restore で変更の取り消し - はんなりと、ゆるやかに

git switch

2.23.0 のバージョンから"git switch"が追加されました。
書き方はcheckoutと変わらず、"git switch <ブランチ名>"でブランチの切り替えが可能です。

Git - git-switch Documentation

コマンド名からブランチを切り替えることが分かりやすくなって良かったと思います。

git のチュートリアルページも git checkout でブランチを切り替えていた記述が git switch に書き換わっていました。
Git - gittutorial Documentation

Version 2.23.0

The "experimental" branch is the one you just created, and the "master" branch is a default branch that was created for you automatically. The asterisk marks the branch you are currently on; type

$ git switch experimental

Version 2.15.2

The "experimental" branch is the one you just created, and the "master" branch is a default branch that was created for you automatically. The asterisk marks the branch you are currently on; type

$ git checkout experimental

まとめ

"git checkout"も変わらず使えるのですが、git switch の方が分かりやすいと思います。