はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

git 2.28でgit statusにsparse checkout のレポートが追加

git 2.28でgit statusにsparse checkoutのレポートが追加されました。sparse checkoutは過去に記事を書いていますが、リポジトリの一部のディレクトリだけをチェックアウトするコマンドです。不要なオブジェクトを除外してダウンロードできるので、大きなリポジトリもサイズを抑えて素早くcloneできます。

sparse checkoutについては過去にまとめています。
iucstscui.hatenablog.com

どんな感じになったか見てみましょう。

git 2.27

$ git status
On branch master
Your branch is ahead of 'origin/master' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)

git 2.28

$ git status
On branch master
Your branch is ahead of 'origin/master' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)

You are in a sparse checkout with 32% of tracked files present.

何パーセントのファイルがチェックアウトできているかレポートされるようになりました。sparse checkoutを使っていないリポジトリでもgit statusを使ってみましたが特に何も表示されませんでした。sparse checkoutを使っているかどうか簡単に判断できますね。

まとめ

  • git 2.28からgit statusにsparse checkoutのレポートが追加された。
  • sparse checkoutのリポジトリかどうかの判断に役立つ