はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

ふりかえり

内省、言語化の効果的な方法を学べた / リフレクティブ・マネジャー

「開発中の学びをデザインしたい」ソフトウェア開発、特に開発中の学びについてヒントを見つけるためにリフレクティブ・マネジャーを読みました。リフレクティブ・マネジャー~一流はつねに内省する~ (光文社新書)作者:中原 淳,金井 壽宏発売日: 2013/12/13…

モダン・ソフトウェアエンジニアリングのエッセンスに参加して、Essenceはふりかえりに使えそうだと思った

セミナー: モダン・ソフトウェアエンジニアリングのエッセンスに参加しました。 smartse.connpass.com本イベントで紹介されたEssenceはEssence means Practice Freedomと紹介されるように、それぞれの方法論で使われているプラクティスを自由かつ適切に扱う…

2019年のふりかえり

今年のことは今年のうちに。 今年のふりかえりをして、来年に活かしたいと思います。 年始に目標を立てていましたので、まずはそのふりかえりから 今年も走り続けるために。~2018年のふりかえりと2019年の抱負~ - はんなりと、ゆるやかに目標 1.ブログのPV…

顧客に寄り添いながら継続的に学習している状態がアジャイルじゃないかな

「アジャイルとは?」については色々な方が説明されていますが、自分の言葉で説明できるように言語化しておきたいって思ってこの記事を書いています。アジャイルに関する書籍やそれ以外の書籍を読んだり、スクラムを実践した中で僕なりの「アジャイルとは」…

Unlearnを色々調べた結果、Unlearnは強くてニューゲームだと思った

少し前からUnlearn(アンラーン)という単語に触れることが多くなりました。Un(否定)+Learn(学ぶ)=Unlearn(学ばない)だとしか思えず、ただ、さすがに学習を止めることではないだろうなっと分からないまま放置していました。ここ最近、自身やチームの…

ふりかえりに喜びをプラス「KJPT」

KJPTとは KPTにJoy(喜び)を追加したフレームワークです。 経緯 普段はKPTを使ってふりかえりをしています。 先日、とあるふりかえりで「○○というタスクをしていて知らなかったことが分かって嬉しかった」っという「K」の意見が出ました *1 。その意見に対し…

僕なりの Fun Done Learn の進め方

先日のふりかえりでFun Done Learnをやってみました。初めてFun Done Learnをやってみたときは進行方法も分からずモヤっとして終わったのですが、ワークショップに参加したりブログ見たりpodcast聞いたりと情報収集してから再度やってみて「この進め方で良さ…

ふりかえりのフレームワークはコーチだと思った

ふりかえりについて考えていると、この記事のタイトルが思い浮かびました。 ふりかえりってなんだっけ KPTだったり、Fun!Done!Learn!だったり、YWTだったり、タイムラインだったり、ふりかえりは色々なフレームワークが存在します。さて、ふりかえりとは何で…