はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

「kindle Paperwhite」を使って本を読むメリット7つ

はじめに

少し前に、kindle Paperwhiteを買いました。その数日後、新世代のkindle Paperwhiteが発表されて悔しい気持ちになったのですが、それでもとても良い端末だったので紹介します。

内容

良かった点は色々ありますが、7つにまとめて紹介します。

1.片手でカンタンに操作できる

紙の本の場合はページをめくる際に両手を使う必要があります。片手でも出来ない事はないですが、コツがいります。
kindle Paperwhiteは画面をスワイプするか、進む方向の画面をタッチする事でページ送りができます。
通勤電車で立って読むときに凄く便利です。

2.軽い

約200gと軽く、片手で持てます。技術書の中には大きくて重たいものもありますが、kindle Paperwhiteならどんな本を買っても重さは変わりません。
また複数の本をダウンロード出来るので何冊も軽いまま持ち運べる事があります。

3.紙の本より安いことがある

紙の本よりkindle版の方が安く買える事が多いです。本にもよりますが紙と比べて1000円ぐらい安いときもあり、端末代はいずれ元が取れます。

4.家に本がたまらない

これは賛否両論あると思いますが、僕にはメリットでした。書籍を買うと保管する場所が必要になりますが、kindle Paperwhiteはダウンロードするだけなので保管場所は何冊買っても変わりません。本は本棚に並べたい方にはデメリットですが、僕は本の管理に困ってたので良かったです。

5.本の在庫切れがない

kindle版があること前提ですが、在庫切れがありません。古めの本で紙の本はないけどkindle版はあるって事もありました。

6.すぐ読み始められる

紙の書籍はAmazonで注文しても読み始めるまでに1日はかかります。kindleなら買ってダウンロードして読み始められます。欲しいなと思ったらすぐ読みたい欲求を満たすことができます。紙の本も本屋さんで買えばすぐに読めますが、本屋さんに行く時間はかかりますし、本屋さんに行っても置いてない可能性もあります。
本屋さんは本屋さんで好きですが、読みたい本が決まってる場合はAmazonで買ってしまいます。

7.ハイライトやメモが簡単

紙の本で気になった部分があった場合はマーカーで線を引くか、メモ帳やスマホにメモを書くかになり、本以外のアイテムを持つ必要があります。
kindle Paperwhiteなら気になった部分をなぞるだけでハイライトができます。
ハイライトした部分をまとめて見ることも出来るので便利です。
また、他の人がハイライトされた箇所も見れます。個人的には読んでいて一体感があって好きな機能です。

さいごに

どれぐらい読んだか感覚的に分かりづらい等、デメリットもありますが、買って良かったと思える端末でした。