はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

オートクチュール1on1

1on1するときは目的が大切です*1
先日の1on1勉強会でも「何のためにする?」を明確にしましょうと紹介がありました。
iucstscui.hatenablog.com

それでは1on1ってどんな目的で実施されていることが多いのでしょうか。
調べたところ「コミュニケーションの改善」「働きやすい職場の実現」「社員の成長促進・能力開発」「部下の仕事への意欲を高める」などを目的に実施されていました。

どれも意義のある目的ですが、イマイチしっくりこなくて考えました。そこで出した答えは1on1をする人によって目的を変えることでした。その人の個性や状況、本人の希望を確認しながら2人で目的を決めれば良いと気付いたのです。
しっくりこなかった理由は全員同じ目的を設定しようとしていたからですね。

オートクチュール1on1

ということで、一人ひとり「あなたと僕に合った目的を設定しましょう」という1on1をしました。そのときにオートクチュールみたいですねっと発言がありました。

オートクチュール?」

オートクチュールとはオーダーメイドの高級服や高級店のことだと教えてもらいました。一人ひとり特注の1on1をするからオートクチュール

オーダーメイドで一人ひとりと向き合ってる感や特別感もあって考えてたことに近いです。高級感とは程遠い1on1ではありますが、オートクチュール1on1という響きが良い。

目的も変えていく

一度決めた目的は定期的に見直そうと思ってます。本人の好みが変わったり、状況が変わったり、色々な変化で目指す方向も変わっていきます。目的が変わると話す内容や行動が変わると思います。そうやって少しずつ前に進んでいきたいなっと思ってます。

まとめ

  • オートクチュール1on1は一人ひとりに最適化した1on1
  • 状況や相手をしっかりと見て目的を設定する
  • 決めた目的は変えていく。変えるタイミングも決めておくと良い

*1:目的が大切なことは1on1だけじゃないですけどね