はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

離れていてもチームの一体感を高める方法「分報」

今までは当然のようにチームと同じロケーションで働いていましたが、テレワークが推奨されてそれぞれ家で働くことが多くなりました。
同一ロケーションじゃなくなると以下のようなことで困りそうだなぁと思いました。

  • 相談が気軽にできなくなる
  • 何をしているか分からない
  • 元気かどうか分からない
  • コミュニケーションが減る

そこで取り入れたのが分報です。その結果、同一ローケーションで働いている以上に良くなった部分もあります。

分報とは

f:id:iucstscui:20200420205715p:plain

週報や日報はよく聞くことがあると思います。一週間や一日の終わりに上司などに作業結果を報告するアレです。
分報は分単位で報告します。1分単位で報告するわけではなく、好きなタイミングで好きなことを報告します。
例えば、「○○はじめます」「○○、予定通り終わったー」「あれ、うまくいかないなぁ」「疲れてきた」「予定より時間がかかってる」のようにツイッターで呟くように書いていきます。

分報は専用のチャンネル作る場合もありますが、今は一つのチャンネルにチームメンバー一人ひとりがスレッドを作って呟いています。同じチャンネルで分報することで一体感が出ている気がします。

では、この分報で何か良くなるのか書いていきます。

近くで働いている感が出る

同一ロケーションで働いていると物理的な距離が近いので何もせずとも一緒に働いている感が出やすいです。テレワークはモクモク作業していると「いるかどうかも分からない」なんてこともあるでしょう。

でも、チームで分報をしていると今何をしているのか、何に困っているのか、分かるようになります。むしろ一緒に働いているときよりも何をしているのか分かるようになります。(一緒に働いていても、今何をしているのか逐一把握してないですもんね)

その結果、いつもより距離が近く感じます。

困っていることにアドバイスがもらえる

「○○がわからない」と呟くとそれを見つけてくれたメンバーからアドバイスがもらえます。普段ならもう少し悩んでから相談していたことも早めに助けてもらえます。

ちょっとしたことも褒めあえる

「〇〇できたー」みたいな呟きにみんながイイね!してくれます。小さなことでも共感や褒めて貰えると嬉しいですよね!

相手のタイミングに合わせて相談

ちょっと今いいですか?の代わりに相手の分報に質問を書いておきます。このとき、急ぎはメンションつけて、後でいいときはメンションなしで質問します。

メンションなしの場合、回答者は自分のタイミングで回答できるので集中を保てるメリットがあります。

また、DMのやり取りと違ってみんなに見えるので透明性が高い会話になります。

ふりかえりに使える

一日の終わりに分報を眺めるとやったことが分かります。今日は何をしたか悩まなくていいのです。YWT*1のやったことがすでに終わっている状態です。

まとめ

  • テレワーク、リモートワークでチームの距離が遠くなった場合に分報は有効
  • 困っていることが見えてチーム内の助け合いが起こりやすい
  • ルールを決めてかっちりするよりは、自由にしたほうが色んな声が聞ける
  • チームだけでなく個人のふりかえりにもGood

ポモドーロテクニックと合わせてすると良いかなとも思います。少なくとも1ポモの始まりと終わりに呟くとリズムがあって良さそうです。

*1:ふりかえりのフレームワークです。やったこと、わかったこと、次することを考えて改善していきます。