はんなりと、ゆるやかに

アジャイル、スクラムが好きなITエンジニアが日々から学んだことをアウトプット

Notion の同期ブロックが「ブロックのグループ化」としても使えそう

Notion に同期ブロック(synced blocks) という機能があります。2021/06/09にリリースされた機能です。この機能を使うとブロックをグループ化できることに気づきました。

同期ブロックとは

同期ブロックはその名の通り、ブロックを別のページにリンクでき、同期できる機能です。手順は簡単です。同期したいブロックを選択し、「同期ブロック」を選択すると同期ブロックになります。同期ブロックのリンクをコピーして別の場所(別のページもOK)にペーストすると同期されたブロックがコピーされます。中身を編集すると、同期されたブロックに反映されます。
f:id:iucstscui:20220203222556g:plain

同期ブロックでブロックがグループ化される

同期ブロックは複数のブロックを1つの同期ブロックとして扱えます。ということは、複数ブロックをグループ化したことになると気付いたのです。

以下のように、見出しとリストを一緒に移動したいと思ってもブロック単位でしか移動できませんでした。(見出ししか動かない)
f:id:iucstscui:20220203223533g:plain

しかし、複数のブロックを同期ブロックにしてしまえば、グループ化されて一緒に移動できます。便利!f:id:iucstscui:20220203223758g:plain

トグル見出しでもグループ化できるのでは

それはそうです。トグル見出しを使うと同じようにグループ化されて一緒に移動できます。便利!でも、下三角が表示されたり、インデントが下がったり見た目が変わってしまいます。トグル見出しが良い場面もありますが、見た目が変わらない方法でグループ化したい場合は同期ブロックです。同期ブロックの場合は複数選択して一気にグループ化できるのも便利ですね。
f:id:iucstscui:20220203224639g:plain

そもそも同期ブロックってどういうときに便利なの?

ホーム画面に情報をまとめる時に便利だと思っています。(ホーム画面は各ページに散らばっている「タスク管理」、「メモ」など、頻繁にアクセスする情報をまとめたページです。)ホーム画面に常に目に入れておきたい情報を同期ブロックにしておけば、専用のページで更新した場合も同期されるため、常に最新を保てて良さそうだと思いました。「目標」とか常に目にしておきたい情報にはぴったりですね。

参考